体重の変化も症状の1つ|うつ病を治療するためには│病気に関する知識を身につける

うつ病を治療するためには│病気に関する知識を身につける

男の人

体重の変化も症状の1つ

看護師

うつ病を発症すると、精神だけでなく身体にも様々な症状が出てしまいます。早めに治療するためにも、どのような症状か把握して当てはまる人がいれば、すぐに治療を受けてください。仕事でミスをしたり、嫌なことがあったりした場合はほとんどの人が傷ついてしまうでしょう。その後に、自分でミスを反省して気持ちを切り替えようとします。ですが、うつ病の人は感情のコントロールができずに、ずっとそのミスを引きずってしまいます。これは脳の機能が低下して起こる症状で、決してその人の心が弱いという訳ではありません。ネガティブな思考になるのは、病気の可能性が高いため精神科医に相談して治療を受けましょう。

うつ病による変化は体重にも現れます。この病気は興味関心を低下させる症状があって、食事の際にもその影響があるのです。好きな料理を食べても、以前のように美味しく感じることができずに食べる楽しさを失ってしまいます。そのため、徐々に食に関する興味を失ってしまい、食べる量も減って体重が落ちてしまうのです。それだけではなく、発症すると自律神経も乱れて胸焼けや胃もたれするようになります。それが原因で、食事の量が減って体重が大幅に落ちるので注意してください。人は食事で栄養を摂取するため、食事の量が減ってくると栄養失調で倒れる可能性が高いです。ですから、食欲不振になっている人はうつ病の可能性がありますから気をつけましょう。

体重の減少だけでなく、病気のせいで食べ過ぎてしまう場合もあります。精神的に不安な状態を解消するために、食べてストレスを解消しようとするからです。甘い食べものには満足感を得られる成分が含まれており、ストレスを解消することができます。ですが、うつ病を発症している人は、糖分を摂取してもストレスを解消できず更に甘いものを食べてしまうのです。体重の増加以外にも、糖尿病や過食嘔吐に発展するでしょう。この状態になると、自分で食欲を抑えられなくなります。うつ病は体重にも変化が現れる病気で、早めの治療を行なわいと、他の病気を併発する危険性があるのです。特に栄養失調は、免疫力の低下を引き起こして衰弱するので気をつけてください。体重が急激に変化したという人は、この病気の疑いがあるので精神科医に訪れてください。詳しい検査を行ない、発症しているか専門家の意見を取り入れて改善できるようにしましょう。